新着情報一覧

新鮮野菜写真
JA仙台トップ > 新着情報一覧 >口蹄疫対策に消石灰無償配布/募金・署名活動も開始

口蹄疫対策に消石灰無償配布/募金・署名活動も開始

10/06/03

【仙台】JA仙台は28日、管内畜産農家の口蹄疫に関わる緊急防疫対策として、消石灰348袋(1袋20キロ)を牛や豚を飼育している組合員農家に無償配布した。

同JA管内では、99戸、牛・豚合計で4,469頭が飼育されている。飼育頭数に応じて必要な消石灰の量も異なることから、飼育頭数に応じて、1~19頭で40キロ、20~39頭で80キロ、40頭以上で120キロを配布。経費はJAと管内各市町村が連携して実施した。

また、消石灰を効果的に使用して防除効果を高めるため、使用場所を 1.農場内の外部車両が停車する場所 2.畜舎周辺 3.農場外縁部とし、1平方メートルあたり0.5~1キロを目安にホウキ等で均一に広げるよう、イメージ図を添付した書面をもって通知した。

27日には、宮崎の口蹄疫発生に伴う募金・署名活動を開始し、JA役職員のほか、畜産部会、青年部、女性部などの組織をはじめ、組合員、利用者に協力を呼びかけている。