農業と食育への取組み

おにぎり写真

ごはんのおいしい炊き方

1 洗う

乾燥したお米は、 水をいっぱい吸収するので、 一回目にきれいな水を使うと おいしいごはんが 炊けるんだよ!

たっぷりの水(できればミネラルウォーター)を使い素早くかき回し、すぐに水を捨てます。
*ポイント*
「水はすぐに捨てる」洗った水にそのままお米をつけておくと、米ぬかを吸収してしまいます。


2 とぐ

さっと洗ったら、3回くり返してとぎます。(水道水でOK!)
にごりがなくなるまでとぐ必要はありません。とぎすぎるとお米にひびが入ってしまいます。


3 ひたす

30分間じっくり水(できればミネラルフォーター)につけ、たっぷり水を吸収させます。


4 炊く

お米の二割増しの水で炊くというのが一般的です。
*ポイント*
新米は水分が多いので加える水は、お米の一割増しにします。


5 蒸らす

最近の電子炊飯ジャーは、蒸らしまで自動にできる機能のものがほとんどです。
スイッチを入れ、ふっくらおいしく炊きあがるのを待ちましょう!!

一度炊きの炊飯器の場合は

炊飯器のスイッチが切れたら、3分後にもう一度スイッチを入れます。
二度目のスイッチが切れたら10分から15分は蒸らし、しゃもじでまんべんなく空気にさらします。余分な水分が蒸発し、ふっくらとおいしく炊きあがります。

保存方法

ごはんが温かいうちに、茶わん一杯分ずつ小分けにしてラップに包むか、フリーザーパックに入れ、冷ましてから冷蔵庫に保存します。電子レンジで3、4分加熱して食べることができます。冷凍保存の場合、3週間くらいはもちますが、早めに食べましょう。
 炊飯器で保温する場合は半日程度が限界です。
*ポイント*
 1食分ずつ小分けして冷凍するのがコツ。
解凍時間が短く済み、熱が均一にまわるためおいしく仕上がります。

賞味期限

精米後の賞味期限(風味の持続)は、気温20度で2ヶ月間です。冬季は2ヶ月、春は1ヶ月、夏は半月が目安です。
*保存のポイント*
 ◎高温・湿気・直射日光をさける
 ◎厚手のビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に保存する

米びつを使っている場合

 涼しいところで保存しましょう。米びつの中を清潔にし、容器の中は定期的に拭いて乾燥させましょう。継ぎ足しは避け、中を拭いてから新しいお米を入れるようにしましょう。

家系図

ごはんキャラクターイラストただいま作成しているのでしばし待つのじゃ!

情報提供先:お米のはなし2007
宮城県消費拡大推進連絡協議会 宮城米マーケティング推進機構