新着情報一覧

新鮮野菜写真
JA仙台トップ > 新着情報一覧 >JA仙台カップ2014少年低学年サッカー大会 アバンツァーレ仙台SCが2連覇達成!

JA仙台カップ2014少年低学年サッカー大会 アバンツァーレ仙台SCが2連覇達成!

14/12/08

11月22日、23日の両日、JA仙台は、「JA仙台カップ2014少年低学年サッカー大会」を仙台市泉区の泉サッカー場で開催しました。

大会は、全16チームが参加し、1日目は4チームずつに分かれてのリーグ戦、2日目は各リーグ上位2チームによる決勝トーナメントのほか、リーグ戦下位2チームによる交流戦トーナメントを行いました。

試合では、各チームとも日ごろの練習の成果を発揮し、大人顔負けのプレーを披露。会場を沸かせました。

また、大会初日には、食農教育の一環として、全チームの監督・コーチ・選手にJA仙台管内でとれた平成26年産新米「ひとめぼれ」(約3合)をプレゼントしました。また、昼食には平成26年産新米で作ったおにぎりが振舞われ、子どもたちはおにぎりを口いっぱいに頬張り、午後の試合に向け笑顔を見せました。

2日目の決勝トーナメント準々決勝からは、「マリソル松島ジュニア」、「アバンツァーレ仙台SC」、「将監サッカースポーツ少年団」、「北六サッカースポーツ少年団」が準決勝に駒を進めました。

準決勝第1試合は、「アバンツァーレ仙台SC」対「マリソル松島ジュニア」の対戦。大会2連覇を狙うアバンツァーレが1対0と熱戦の末、マリソルを振り切り、決勝進出を決めました。

準決勝第2試合は、「北六サッカースポーツ少年団」対「将監サッカースポーツ少年団」の対戦。試合は、0対0のまま試合終了のホイッスルが鳴り、PK戦に突入。3人全員が冷静にPKを決めた「北六サッカースポーツ少年団」が決勝進出を決めました。

決勝戦は、2連覇を目指す「アバンツァーレ仙台SC」と2011、2012年大会で2連覇した「北六サッカースポーツ少年団」と、強豪同士の対戦。実力が伯仲した両チームの試合は予想通り、白熱した試合展開となりました。互いに惜しいシュートを放つなど一進一退の攻防が続く中、先制したのは「北六サッカースポーツ少年団」。このまま試合が終わるかと思われた後半に「アバンツァーレ仙台SC」が追いつき、試合は延長戦に突入。延長戦でも互いに譲らず、試合はPK戦までもつれました。

PK戦の結果、3人全員が成功した「アバンツァーレ仙台SC」が3―2で勝利し、見事優勝。大会2連覇を果たしました。

3位決定戦の「マリソル松島ジュニア」対「将監サッカースポーツ少年団」は、「マリソル松島ジュニア」が2対1の僅差で勝利し、3位となりました。

交流戦トーナメントでは、「おきのサッカースポーツ少年団」が優勝しました。

最後に、2日間にわたり、サッカーボールを一生懸命に追い続けた選手たち、その選手たちを熱く応援していただいたご父兄の皆さま、また、大会開催にあたりご尽力いただきました仙台市サッカースポーツ少年団協議会の皆さま、ご協力いただきました(株)ベガルタ仙台さま、後援をいただきました仙台市さま、河北新報社さま、JA宮城中央会さま、㈱日本農業新聞さま、そして、ご参加いただきましたチーム関係者の皆さまに深く感謝を申し上げます。

大会結果は次のとおりです。



JA仙台カップ2014 少年低学年サッカー大会結果
大会期日 平成26年11月22日(土)~23日(日)
会場 泉サッカー場(仙台市泉区野村)
出場チーム 16チーム

<優 勝> アバンツァーレ仙台SC 〔仙台市太白区〕


<準優勝> 北六サッカースポーツ少年団 [仙台市青葉区]


<第3位> マリソル松島ジュニア [松島町]


<敢闘賞> 将監サッカースポーツ少年団[仙台市泉区]


個人賞

<☆ 最優秀選手賞>
 アバンツァーレ仙台SC  天坂 陸斗くん


<優秀選手賞>
 北六サッカースポーツ少年団 木下 晴喜くん


<優秀選手賞>
 マリソル松島ジュニア 大山 心くん